*

LINE Messaging API と AWS Lambda で LINE BOT を作ってみた

公開日: : AWS, クラウド, 開発 , , , , , ,

これ、ほんとよく入れ替わりますよね。入れ替わらなくなる気配がありません。今回も(手段と目的が)バッチリ入れ替わってます。

AWS の Lambda を使ってみたいがために LINE の Bot を作ってみたんですね。といってもまずは、はろーわーるどです。後半では対話可能な Bot も作ってみたので、その具体的な方法を記載しておきます。
(※ちなみに上記Twitterは私のアカウントではありません。)

botsample2

クラウド界隈では近頃、サーバレスアーキテクチャ という話題がちょくちょくありまして、乱暴に言うならば「馬鹿みたいにEC2を立てるのはやめて、お安く賢くビジネスに集中しようぜ」という話のようです。とはいえ、本当の意味での「サーバレス」ではなくて、要するに自前で保守しないといけないサーバはできるだけ無くして、AWSでいうところのマネージドサービスを活用していきましょうよ、ということだと今は理解してます。

で、よくそのサーバレスアーキテクチャ で例に挙がるのが Lambda とよばれるサービスを組み合わせたもの。Lambda というのはイベントドリブンな云々…(詳細はこちら) つまり、何かしらのイベントを検知して処理をさせたいときに Lambda ならソースコードを配置するだけでいいよ、という PaaS です。

いちいち EC2 立てて環境をごにょごにょしなくても済むし、コストは EC2 1台分より安く済みそうだし、なによりスマートでかっこよさげだったので使ってみたくなったのです。そんなときにちょうど先日 LINE が Chatbot用の新しい API を公開したとの記事を見て、LINE の Bot を作ってみることにしました。

とりあえず Messaging API を使って返答させてみようということで、以下の構成で動かします。Messaging API からのイベント通知を Webhook させて API Gateway で受け取って Lambda が動くイメージです。

linebotsample

1. LINE Bot 用のアカウントを作成する

 

 

 

以前、LINE BOT API Trial という APIサービス が開始されていましたが、こちらの利用は先着登録順で誰もが利用できるものではなかったようです。先日公開された Messaging API は登録すれば誰でも無料で使用できます。有料プランもありますが、個人的な開発なら無料で十分だと思います。

まず、以下の画面から「Developer Trail」を選択します。
https://business.line.me/ja/services/bot

linebusinesscenter

LINE ビジネスアカウントを所持していない場合はまずその作成を促されます。ビジネスアカウントが作成できたら LINE@Manager の「Bot設定」にて「APIを利用する」を選択します。linemanager

API利用を有効化すると以下のような画面になりますが、ここで「Webhook送信」→「利用する」、「自動応答メッセージ」→「利用しない」に設定します。

botconfigure

ちなみに登録方法は以下に説明があります(英語ですが)。
https://developers.line.me/messaging-api/getting-started

2.  Lambda Function を登録する

 

 

 

次に、Messaging API の Webhook 先として URL を用意する必要があるため、Lambda Function を作成します。

AWS のコンパネで Lambda を選択して「Create a Lambda Function」をクリックします。BluePrint の雛形一覧の画面になりますが「Skip」します。

createlambdafunction

冒頭の構成図に記載したように、Trigger として API Gateway を選択します。「Deployment stage」→「prod」、「Security」→「Open」とします。

front-apigateway

Function名は適当に入力し、今回は Node.js でコードを用意するため 「Runtime」→「Node.js 4.3」を選択します。「Existing role」は既存の「lambda_basic_execution」とします。それ以外はデフォルトで。

lambdarole

Function の作成が完了すると以下のように API Gateway の URL が表示されます。

trigger

この URL を Messaging API の LINE Developers 画面にて、Webhook URL として登録します。

registerwebhook以上で事前準備は完了です。

3. Lambda Function の中身を実装する

 

 

 

最後に、登録した Lambda Function の中身(Node.js)を書いていきます。

Messaging API では、メッセージを相手に送りつける Push Message と相手のメッセージに返答する Reply Message 以外に、ボタンや画像を送信することもできるようですが、今回は Reply のみを扱います(Lambdaを使ってみることが主眼なので)。

Messaging API のリファレンスは以下になります。
https://devdocs.line.me/ja/

では、以下のコードを Lambda の Code に記述して「Save」します。… ハイ!Bot 完成しました!終わりです。何でもいいのでメッセージを Bot に送信すると Bot が決まったセリフを返答する、というものです。それだけです…。

・8行目でBotに向けて送信したメッセージに含まれる replyToken を取得(これが無いと返信できません)
・27行目の Channel Access Token には Messaging API の LINE developers 画面にて発行できる Channel Access Token を記述

こんな感じになります↓ 白い吹き出しが Bot です。
(事前に Bot を友達登録しておきましょう)

botsample1

こんな具合に Lambda で Bot を動かすことができました。Lambda は AWSのマネージドサービスなので、ユーザが管理するのはコードとアクセス権限くらいです。スケーリングや対障害性はAWSがよしなにやってくれるようです。Cloud Watch でのモニタリング や log の取得も可能です。今回は Lambda の Trigger を API Gateway としましたが、対応する他のAWSサービスを指定すれば AWS内のイベントに対しても Lambda で処理できますね。たぶん。

Ex. せっかくなので Bot をもう少し賢くしてみる

 

 

 

Lambda上でもう少しだけ複雑なことをやってみたいので、Docomo 雑談対話API を Bot に組み込んで会話できるようにしてみました。それにあたってはこちらのクラスメソッドさんの記事を参考にさせていただきました。(が、そのまま書いてもピクリともしなかったので所々修正してます ^^; )

雑談対話APIのリファレンスは以下です。
https://dev.smt.docomo.ne.jp/?p=docs.api.page&api_name=dialogue&p_name=api_1

構成はこのようになっています。Docomo 雑談対話APIを Lambda から呼び出し、得られたレスポンスを DynamoDB に保存、かつ MessagingAPI へのリクエストに使用します。

linebotsample2

まず Docomo の API ですが、docomo Developer support に登録後、マイページの「新規API利用申請へ」から登録処理を行えば API key などが発行され、雑談対話API を利用できるようになります。

docomoapistart

次に DynamoDB のテーブルを作成します。雑談対話API のレスポンスとして得られる context と mode を保存するためです。この 2つの値を保持することで対話が続くようになります。

DynamoDB の「テーブルの作成」をクリックし、適当なテーブル名とプライマリキー(mid = LINEのメッセージから得られる userId / groupId を登録)を入力して「作成」します。これでテーブルの準備は完了です。

dynamodb

さて、いよいよ中身の処理ですが、ざっくりと次の流れで処理を行います。

① LINEからのメッセージイベントオブジェクトを取得する
② DynamoDB内に過去の対話の context と mode があるか検索する
③ context と mode が有っても無くても Docomo API へPOSTする
④ Docomo API からのレスポンスデータを DynamoDB へ保存する
⑤ ④で得られたレスポンスのメッセージを含めて LINE Messaging API へPOSTする

コードは以下のようになりました。(ちょっとコールバックが…)

・21行目 の APIKEY には 雑談対話API利用申請後に発行される API key を記述
・57行目 の DynamoDB TableName は作成したテーブル名を記述

ただここで、上記のコードを Lambda に配置する際に少し注意点があります。

Lambda の IAMロールに DynamoDB へのアクセスを許可するポリシーをアタッチする必要があります。また、上記のコードは Lambda のエディタに記述するのではなく、zip ファイルとしてアップロードする必要があります。これは、処理の最初で読み込んでいる request モジュールが Lambda の標準環境に無いためです。

以下の手順で Lambda アップロード用の zipファイルを作成します。

作成した zipファイルをアップロードして「Save」すれば完成です!

うまく会話が弾めばいい具合にムカつく返しをしてきます。(会話が成立しないこともしばしばありますが…)

botsample3 botsample2

Lambda を使えばサーバメンテを気にすることなく Bot が作れますね!社内で ChatOps のひとつとして導入してみたくなってきました。

関連記事

Oracle_logo_cloud

Oracle Cloud で仮想サーバを立ててみた

クラウドのインフラサービス(IaaS)というと、普段はやはり Amazon Web Services

記事を読む

serverless_title

Serverless Framework を使えばサーバレス開発がもっと楽しくなりそう

前回、AWS Lambda を使って LINE の Bot を作ってみましたが、実は正直、L

記事を読む

aws

AWS認定ソリューションアーキテクトになりました(アソシエイト)

久しぶりに資格試験を受けてきました。たぶん6年振りくらい。無事に合格しました。(内心ホッとし

記事を読む

    • LINE Messaging API と AWS Lambda で LINE BOT を作ってみた LINE Messaging API と AWS Lambda で LINE BOT を作ってみた 手段「これってもしかして」 目的「私たち」 「「入れ替わってる〜〜〜〜?」」 — みすま (@msm... 6,253ビュー | 0件のコメント | posted on 2016年10月11日
    • ベトナムの一大遊園地 スィティエンパークに行ってみた! ベトナムの一大遊園地 スィティエンパークに行ってみた! 億万長者というのは万国共通の夢なようで。 ベトナムにも一夜にして億万長者になれるチャンスがあります。 それ... 4,617ビュー | 0件のコメント | posted on 2015年1月24日
    • ホーチミンの中心でアオザイを求めて ホーチミンの中心でアオザイを求めて 本題の前に… ベトナムでの結婚式(披露宴)に初めて参加してきました。正確にはまぎれてきました、という感じ... 3,665ビュー | 0件のコメント | posted on 2015年6月20日
    • Qiita風ナレッジ共有ツール Knowledge Qiita風ナレッジ共有ツール Knowledge 「情報共有」ってなかなか難しいですよね。 プロジェクトに直接関係する内容なんかであれば、各プロジェクトご... 2,947ビュー | 0件のコメント | posted on 2016年9月10日
    • ブンタウ日帰り日記 ブンタウ日帰り日記 ちょっと前にとある方からベトナムの観光ガイドブックをいただきました。 こちらのガイドブック、ネル... 2,557ビュー | 0件のコメント | posted on 2014年11月19日
    • タイ初入国!(1/2) 国有鉄道~アユタヤ タイ初入国!(1/2) 国有鉄道~アユタヤ 先日、ベトナム某所にてトイレに行ったんですよ。 そしたら… なんぞこれ。 一見すると... 2,201ビュー | 0件のコメント | posted on 2015年4月12日
  • Kazu (カズ) です。 87年生まれです。 ベトナムのホーチミン市に1年ちょっと駐在して本帰国、かと思いきや今度はベトナムのダナン市に駐在することになりました。 ITシステムなお仕事をしています。 ベトナムが初めての海外。いろいろびびりまくってます。 ガイコツの被り物をしてますが、中身も大して違いはありません。 本ブログはぼちぼち更新していきます。 solutions-architect-associate
PAGE TOP ↑